現場から生まれた究極の営業ノウハウ

ハイアークラブ、リライフクラブ、ADEX 会員の方のみしかご覧できない、
究極のノウハウです。 成功事例から作り上げたノウハウ満載コーナーです

タダで家を建てた方法1(前編)

 

関東近県に住むAさん60歳。従業員50人の地元中小企業に定年後の雇用延長制度を利用して勤めている。勤務時間は現役時代より短い6時間にはなったが、技術者のため給料はそこそこいい金額をもらっている。厚生年金保険と健康保険には引き続き加入、年金は現役で働いているため支給停止になっている。昨今どこにでもいそうな「普通の60歳」である。

 

Aさんには妻と2人の子供がいる。Aさんの母親は既になく、Aさん家族と長らく同居していた父親も昨年90歳で天寿をまっとうした。

その際、Aさんは父親から今住んでいる「築40年の自宅」と、駅近の「100坪の土地(更地)」を相続した。

 

そんなAさんが、今「自宅の建替え」を真剣に考えている、らしい…。

その噂を聞きつけた数多くの住宅営業マンが次々にAさんにアタックしていったが、ことごとく跳ね返された。とにかくAさんはドケチらしい。家は建て替えたい、お金は使いたくない、老後のゆとりある生活は確保したいと、まるでないものねだりの駄々っ子である。

それならばと、自信満々の某ベテラン営業マンが「100坪の土地を売ってその金で豪邸を建てましょう!あの場所なら条件次第でうちが買い取りましょう。これで素晴らしい老後がおくれますよ!」と“さすが !! ” というべき提案をしたが、「親の代からの大切な土地が売れるか!」とかえってAさんの逆鱗に触れてしまった。それ以来、猛者を自認する営業マンたちは誰も寄り付かなくなった…。

 

それから3ヶ月。なんとAさん宅の解体工事が始まったのである。情報によると、地元工務店の入社3年目の営業マンBの提案にAさんが感動したらしい。

果たして、営業マンBはどんな提案をして難攻不落のAさんを落としたのか?

また、具体的にいくらの建て替え予算を提示したのか? 

 

(続きを読む)

2013 年 05 月 10 日 金曜日 11:53 投稿者:山本 嘉人

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved