カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

低所得者層の持家比率が高まっている理由とは?~低所得者層が夢のマイホームを手に入れている?~

 

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。


今日は新聞記事を掘り下げてみてみました。
ちょっと違和感がありましたから。

昨日、新聞の見出しを見て「ん?」とちょっと違和感を持った記事がありました。
結論は正しいのですが、その元になったデータの見方がちょっと違うんじゃないかな・・・と。

『持ち家8割、夢とリスク 低所得層で急増、価格・金利の低下追い風』(日本経済新聞 平成25年3月18日付)
<マイホームを持つ世帯の比率が上昇している。総務省の家計調査によると、2012年は2人以上の世帯の持ち家率が81.4%と前年から2.5ポイント増え、4年ぶりに過去最高を更新した。特に伸びているのは低所得層だ。庶民の夢がかないつつあるとしたら、その背景は何か。家計のリスクはないのだろうか。

世帯年収を5分割したうち一番低い層(平均年収263万円)の持ち家率は今年1月に82.4%で、直近で低かった11年7月から10ポイント以上も上昇した。年収別で3位の世帯(平均年収513万円)の80.1%を上回る。全体の持ち家率も83.7%で、比較可能な1995年以降で最高だった。>

これだけ見るといいニュースに見えますね。
全体的にマイホームを持つ比率が増えていて、中でも特に年収260万円程度のいわゆる「低所得者層」持家比率が大幅に増加している、とのこと。

記事はこのあとマンションの売れ行きが好調なことや住宅ローンの貸し出しが増えていること、そしてその背景には金利の低下や銀行のローン競争、消費増税前の駆け込みなどの消費者にとって住宅購入環境が整っていることがある、と書かれています。

ただ、リスクとして、
『変動金利型の住宅ローンを利用してマイホームを取得する世帯は依然多く、金利が上昇した場合に家計の負担が拡大する懸念がある。新規の住宅ローンに占める変動金利型の割合はリーマン危機後に3割から5割に上昇したまま高止まっている。家計は日銀が今後もゼロ金利を続けると踏んでリスクをとっている格好で、日銀が将来引き締めに転じる際には負の影響が強まる。』

と、変動金利の金利上昇時のリスクにふれて、審査が比較的甘いとされる住宅金融支援機構へ会計監査院が指導に入ったことなどを伝えています。


■本当に低所得者層が夢のマイホームを手に入れている?

(続きを読む)

2013 年 03 月 19 日 火曜日 15:04 投稿者:川瀬 太志

金利上昇局面で変動金利の人ができることとは?~確実な方法で将来に備えよう!~

 

こんにちは!川瀬です。

今日は金利上昇時の対応についてです。変動金利の方はどうすればよいのでしょうね。

 

■いよいよ金利上昇?住宅ローンはどうなる?

住宅ローンを借りている方からご質問を多くいただくようになりました。やはり心配なのは金利の上昇ですよね。

 

<アベノミクス効果、不動産市場にマネー流入の兆し 住宅ローン金利は上昇?> (2013年2月4日付  産経新聞)

『日銀による物価目標2%の導入で、消費者の住宅ローン金利動向に対する関心が高まっている。物価上昇に伴い金利が上昇すれば支払額が膨らむ可能性があるためだ。先行きの金利上昇を見越した住宅購入やローン借り換えに踏み切るケースの増加も予想される。住宅は人生最大の買い物なだけに、アベノミクスの影響を見極めようとする動きは今後も強まりそうだ。』

 住宅ローン金利には、日銀の政策金利に連動する「変動金利」と10年物国債金利などを参考に決まる「固定金利」があります。

アベノミクス効果で円安株高になり、お金が動き出しています。資金が国債などの債券市場から株式市場や不動産市場にシフトし始めました。国債価格の下落は長期金利の上昇を意味していますから、国債に連動している固定金利はじわじわと上昇傾向になるだろうと見込まれています。

一方、変動金利については、日銀は物価上昇が2%を達成するため金融緩和政策を続けるという方針ですからすぐの上昇はないとは思います。でもいずれ上昇する可能性はもちろんありますよね。

 これから借りる人にとっては、変動と固定のそれぞれのメリット・デメリットを理解して、タイミングを見計らって決めてもらえればよいと思いますが、問題はすでに借りている人ですね。

ここ数年、金利はずっと下落~低位安定傾向でした。固定金利の人は、借り換えて金利下落メリットを享受できました。変動金利の人は何もしなくても負担が減っていました。

さて、これからは上昇傾向に向かいそうです。固定金利の人はまさに将来の金利上昇に備えて固定しているのですから、今の低い金利で上昇リスクを回避できます。

問題は変動金利のみなさんです。変動金利の人は金利上昇局面においてどうしたらいいのでしょうか?

 

(続きを読む)

2013 年 03 月 05 日 火曜日 16:17 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved