カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

10年後に150万円所得増は実現できる!?~成長戦略で見えてきた政府の方針とは?~

 

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

今回は政府の成長戦略についてです。大きな方針はようやく見えた?

先日、安倍内閣の成長戦略の見通しで「10年間で150万円所得を増やす!」という内容が発表されましたね。

 

<10年で所得150万円増、国家戦略特区新設>

(2013年6月15日付 産経新聞)

『日本経済再生に向けて、政府は14日成長戦略を閣議決定した。対象地域を絞って規制緩和する「国家戦略特区」の創設や大衆薬のインターネット販売の原則解禁などを通じ、10年後に1人当たり国民総所得(GNI)を現在の水準から150万円以上増やす目標を掲げた。』

 

■「150万円所得増」って本当に達成できるの???

この閣議決定を受けたマスメディアの論調は軒並み否定的でした。

『目標達成は容易でなく、成長戦略でどうGNIを引き上げていくのか、具体的な道筋を示すことが求められる。』(日本経済新聞)

『150万円増のハードルは高い。平成24年度の1人当たりのGNIは384万5千円。これを10年後に150万円以上増やすには、年率3%超のペースの拡大が必要。』(読売新聞)

『有識者は「企業の生産性が飛躍的に向上したり、輸出環境の大幅な改善など劇的な変化がなければ達成は難しい」と分析。』(産経新聞)

などなど。概ね「そんな水準の成長は無理」。そして「具体策がない!」という評価でした。

 確かにそうですね。閣議決定された『経済財政運営と改革の基本方針』を読みましたが、具体的な施策に関するところはぼんやりしていて、成長実現の道筋はよくわかりませんでした。

 でも、この発表を聞いて私は何か妙に納得してしまいました。「達成できるかどうか」ではなく「方針が見えるかどうか」という点で。

 今まで政府は「GDP名目成長率3%、実質成長率2%を目指す」といってきました。これを今回、「一人当たりGNI を10年で150万円増やす!」と言い換えました。これは単なる言い換えのようで実はそうではありません。これで政府の方針はかなりわかりやすくなったように思います。そしておそらく、「GDP名目3%実質2%成長」よりは「一人当たりGNIを150万円増やす」の方が達成しやすそうです。

 

■「一人当たりGNI」ってどんな指標?

(続きを読む)

2013 年 06 月 18 日 火曜日 14:54 投稿者:川瀬 太志

イニシャルコストとランニングコスト、先に払うか後で払うか、どっちがお得? ~ランニングコストでこれから注意すべきこととは?~

 

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

「いつやるの?」と聞かれれば、「今でしょ!」ですね。これはまさに「今」を象徴したフレーズですね。

 

■イニシャルコストとランニングコスト

マイホーム購入を検討されている方にFP相談をする際に、「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」についてお話しさせていただくことがよくあります。

「イニシャルコスト」とは、初めにかかる費用のこと。

物件購入費用をはじめとして、ローン保証料や登記費用、火災保険といった諸経費、印紙税、登録免許税、消費税といった税金などがそうです。

「ランニングコスト」とは、後から毎月かかる費用のこと。

マンションの管理費や修繕積立金、駐車場代などです。維持・修繕費や光熱費なども家の作り方によって後からかかってくる金額が変わったりしますね。

住宅では、「イニシャルコストは安いけどランニングコストが高くなるケース。」や逆に「イニシャルコストは高いけど、ランニングコストが安くなるケース。」などがあります。

一般的に、「イニシャルコストを安く抑えたい」と言う方は多くいらっしゃいます。最初に出せる頭金には限りがあるし、住宅ローンで借りられる金額にも上限があります。その予算の中で「できるだけ物件購入価格などのイニシャルコストを安くしておきたい」と考えるのは普通の感覚ですよね。

でも、イニシャルコストは抑えたけれども、後々のランニングコストが多くかかってきて、トータルで見ると結構多くの金額を払ってしまっているというケースもありますから要注意です。

 

■マンションにはランニングコストが・・・

(続きを読む)

2013 年 06 月 04 日 火曜日 00:00 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved