カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

これから日本の家の省エネ化はどうなる?~住宅業界と自動車業界、「潮流の転換点」はなんだったか?~

 

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

毎日寒いですね。今日は住宅の省エネ化の動きについてです。

 

日本の住宅の「エコ化」は、これからますます進んでいくと思います。断熱性や気密性を高めて、少しのエネルギーで「夏涼しく、冬暖かい家」になっていきます。

国土交通省は「2020年に省エネ住宅を義務化する」ことを明らかにしています。2020年にはすべての新築住宅が、国が定める断熱性能などの省エネ基準を達成しなければなりません。中古住宅についても断熱リフォームを推進していく方針が決まっています。

日本の住宅(特に一戸建)は冬寒いんです。いずれ日本のすべての住宅がよくなるといいですね。

 

■クルマ業界のエコ化の転換点は何だったか?

(続きを読む)

2014 年 01 月 21 日 火曜日 15:00 投稿者:川瀬 太志

今年も勝手に展望 2014年の日本経済の見通しは?~今こそイノベーションを!~

 

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

 

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、年頭にあたりまして、今年も「勝手に」この一年を展望してみたいと思います。

前回年末にも書きましたが、今年2014年は「景気が良くなった」と実感できる一年になるのではないかな、と思います。年頭から安倍首相も経済回復を意識して動いていますね。

 

<首相年頭会見「今春、賃金増を」>(2014年1月7日付 日本経済新聞)

『安倍晋三首相は6日、三重県伊勢市内で開いた年頭記者会見で「この春こそ景気回復の実感を収入アップという形で国民に届けたい」と語り、企業収益の拡大を通じた賃金増に期待感を示した。そのうえで「消費の拡大を通じてさらなる景気回復につなげる」と訴え、24日召集予定の通常国会を「好循環実現国会」と位置付けた。』

首相の言う「好循環」とは、(1)「企業業績拡大」→(2)「投資の拡大」→(3)「賃金の増加」→(4)「消費の拡大」→また(1)へ・・・という循環です。

まず「企業業績」を回復させて、それを家計にまで波及させて、消費を増やしていこう、という狙いですね。
 

(続きを読む)

2014 年 01 月 07 日 火曜日 16:13 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved