カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『回復の兆しをみせる住宅業界、今後の動向は?』  ~住宅会社は戦略が問われる1年8か月間をどう過ごすか?~

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

今回は私の関わっている「新築住宅業界」についてです。

さてこれから住宅業界はどうなっていくのでしょうか。

 

■昨年は住宅業界が景気回復の足を引っ張っていた

消費税の10%増税の延期の判断根拠になったのは14年7-9月GDP成長率でした。実質GDPが前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2期連続でマイナス成長となったことが衝撃を与えましたね。

その大きな原因のひとつが「住宅投資」でした。

GDPの約6割を占める個人消費は+0.4%、公共投資が+2.2%だったのですが、民間設備投資が-0.2%。そしてなんと住宅投資が-6.7%。景気回復の足を大きく引っ張りました。

14年4月から消費税が8%に上がりました。新築住宅は引き渡し基準なので14年3月末までに家の引き渡しを受ければ消費税は5%です。ただ、工事の遅れなどがあるといけませんのでその半年前の13年9月末までに住宅会社と建築契約を結んでいれば、もし引き渡しが14年4月以降にずれ込んだとしても消費税は5%でいいという特例がありました。

そのために13年9月末に向けて駆け込み契約が急増したわけですが、この反動も大きかったのです。13年10月以降、新築住宅の受注は業界全体でずっと前年対比マイナスが続きます。結局、このマイナスは丸一年間、14年9月まで続きました。

14年7-9月のGDPの住宅投資の前年対比-6.7%は、消費税の5%→8%増税の「駆け込み需要」(13年7-9月の大幅プラス)と「その後の落ち込み」(14年7-9月の大幅マイナス)の影響がモロに反映された結果だったのです。

(続きを読む)

2015 年 01 月 20 日 火曜日 14:03 投稿者:川瀬 太志

『2015年展望 「2015年の景気は良くなるか?」はもうやめましょう』  ~強い意志を持って「良くする!」でいきましょう~

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、毎年年頭には「今年の展望」を書いて参りましたが…、さて今年は?

 

■2015年の日本経済は?

 

2015年が始まりました。今年の経済はどうなるでしょうか?

…と毎年年頭には経済展望を書いてきましたが、今年はわかりやすいですね。

そこかしこで言われているように、今年の景気は「良くなる」と思います。

 

引き続き、安倍政権が国政を担うこととなり、政府方針に大きな変更はありません。

金融緩和は続きますので金利はまだ当分上がりません。3.5兆円規模の経済対策も打たれます。法人向けに減税方針も打ち出されています。収益力の高い企業ほど有利な税制になっていきそうです。

 

企業収益が良くなっていくので株価も安定するでしょう。上半期中にも2万円台にいくのではないでしょうか。米国経済は順調だし、原油価格は低位で安定しそうです。いずれも日本経済にはフォローの風になります。円安はインフレ期待が落ち着くので今の120円あたりで一服するのではないでしょうか。

 

…と何の面白みもありませんが、大方の見立て通りこんな感じになるのではないかと私でも思います。

しかしこれってとても大事なことだと思うんです。

なにが大事かというと、「おおよそ経済がこうなっていくということが誰にでもある程度予測できること」です。経済はみんなこう動くと思う方へ動きますからね。

「予測不能な混迷状態」というのが私たちにとっては一番困るわけです。今は予測しやすい分、経営者の方々も経営計画も立てやすいのではないかと思います。

 

(続きを読む)

2015 年 01 月 06 日 火曜日 17:15 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved