カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『どうなる金融緩和政策、日本の低金利はいつまで続く?』 ~アメリカに続き、EUも金融緩和政策を展開、さて日本は?~

■アメリカに続き、EUも金融緩和政策を終える

 

今、日本は低金利ですよね。

さてこの低金利はいったいいつまで続くのでしょう。

 

リーマン・ショックから10年。世界的に景気は回復傾向にあります。アメリカに続いてEUでも金融緩和政策が転換期を迎えるようですよ。

 

<欧州中銀、年内に量的緩和終了  利上げ来夏以降 米に続き「平時」へ>

(2018年6月15日付 日本経済新聞)

『欧州中央銀行(ECB)は14日、理事会を開き、量的緩和政策を年内に終了することを決めた。ユーロ圏では景気拡大が物価を押し上げつつあり、物価目標(2%近く)の実現に手応えを感じ始めたためだ。利上げを加速する米国に続いて欧州が量的緩和政策を打ち切ることで、世界の金融政策は危機対応の局面から平時へと大きく転換する。』

 

量的緩和政策とは、金融緩和政策の具体的な手段のひとつです。

具体的には、国債などの資産を中央銀行が買い上げることで市場へのお金の流通量を増やして景気を
刺激するものです。

 

アメリカでは、すでに景気は十分回復しており、物価も上昇しはじめた、という判断のもと金融緩和政策を終えていて、今や金利の引き上げ段階に入っています。米連邦準備理事会(FRB)は政策金利を2.0%近くにまで引き上げました。

そして次はEUです。

まだ金利の引き上げまでには時間をかけるようですが、まずは量的緩和を打ち切るようです。

 

金融政策は、住宅ローン金利や、企業の貸出金利、そして預金金利などに大きく影響を与えます。

さて、同じく長きにわたってゼロ金利政策に加えて量的緩和という金融緩和を続けている日本。
この先どうするのでしょうね。

 

(続きを読む)

2018 年 06 月 19 日 火曜日 13:16 投稿者:川瀬 太志

『外国人労働者を受け入れる前に考えておきたいこと』~外国人労働者の受け入れ「だけ」では問題は解決しない~

■労働力3,500万人が減少する日本、どうすれば?

 

2018年5月20日(日)放送のNHKスペシャル 『縮小ニッポンの衝撃 労働力激減 そのとき何が』を観ました。番組のテーマは「労働力不足」でした。

「人口減少、少子高齢化に直面している日本は、今から約30年後には人口1億程度まで減少する。経済を支える生産年齢人口(15-64才)はピーク時と比べおよそ3,500万人も減少する。その時、誰が社会を支えるのか?」といった内容でした。

 

番組では特に厳しい労働現場の事例として、「地方の介護施設へご老人を送迎する高齢の運転手」や、「東京での大規模建設現場を仕切る外国人作業者」などが紹介されていました。

 

番組の最後には、『労働力は経済の源泉。人口減少する国で移民労働者を受け入れないのは考えられない』という有識者の言葉も紹介していました。

 

この番組を見て、「やはり移民しかないか」と思った人は少なくないのではないかな、と想像します。

皆さんはどう思われましたか?

 

(続きを読む)

2018 年 06 月 05 日 火曜日 15:03 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved