カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『金利上昇?貸し渋り? 新バーゼル規制が日本経済に及ぼす影響とは?』  ~日本の銀行を脅かす新バーゼル規制とは何か?~

こんにちは!ハイアス&カンパニーの川瀬です。

「日本の爆弾」とも言われる国債。

国債価格下落=金利上昇は、日本経済の大きなリスクです。

そんなことにならなければ良いのですが…。

 

■日本のリスク、「国債価格の下落=金利の上昇」

 

今、割と好調な日本経済にとって、最も恐ろしいもののひとつが「長期金利の急上昇」でしょう。

なぜなら、日本は借金が多いからですね。日本の国債発行額は約860兆円に上ります。毎年この利払いだけで10兆円近くもかかっています。

「国債が暴落して日本崩壊!」みたいなセンセーショナルな本などをよく見かけますが、今は超低金利なのでまだ大丈夫です。しかし「何らかのきっかけ」で金利が上昇したりするとその負担は膨大なものになり、確かに日本経済は大変なことになります。

 

「長期金利の上昇」とは「国債価格の下落」のことです。国債価格が下落するような「何らかのきっかけ」とは、例えば国債の約1割強を保有する日本の銀行が国債の売り姿勢を強めたりするようなことです。国債価格が下落すると市場参加者は自分の保有資産が目減りするわけです。ですので、いったん下落し始めたらリスクを軽減するために先を争うようにどんどん売却に拍車がかかり、一気に価格が暴落(金利は急上昇)するのではないか、という指摘はずっとあります。

 

そんな危険性を感じさせる動きが起きています。これは注意深く見ておく必要があると思います。

↓↓↓

 

<銀行の国債保有規制 バーゼル委、金利変動に備え 来年にも決定、住宅ローンも>

(2015年4月26日付 日本経済新聞)

『銀行が持つ国債に新たな国際規制が設けられる見通しとなった。主要国からなるバーゼル銀行監督委員会は、国債の金利が突然上昇(価格は下落)して損失が出ても経営に影響が出ないようにする新規制を、2016年にもまとめる。住宅ローンも対象。適用は19年以降だが、銀行は前倒しで国債の売却などを検討するとみられ、金融市場や住宅販売などに影響が出る可能性がある。』

 

■日本の銀行を脅かすバーゼル規制とは?

 

続きは会員のみ閲覧できます

2015 年 04 月 30 日 木曜日 00:36 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2019 HyAS&Co. Inc All Right Reserved