カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『所得税、年収850万円超が増税に』~高所得者層へのしわ寄せはどこまで続くのか?~

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、
ハッピーな人生を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

■年収850万円超の人は増税に

 

高所得者層への税負担がまたまた重くなるようです。不公平感が出ないといいのですが…。

 

<所得増税 年収850万円超合意>

(平成29年12月11日付日本経済新聞夕刊)

『自民党の宮沢洋一、公明党の斉藤鉄夫両税制調査会長は11日午前、都内で会談し、2018年度税制改正の所得税改革を巡り協議した。

所得税増税になる会社員の年収の線引きを850万円超にすると合意した。

公務員を含む給与所得者のうち200万人程度が対象になる。』

 

具体的には、まず納税者全員が対象になる「基礎控除」を一律で10万円増やします。控除額が増えるのでここは減税です。

一方、給与所得者(いわゆるサラリーマン)向けの「給与所得控除」は、年収850万円を境にして、850万円以下の人は10万円減らし、850万円を超える人は控除の上限を引き下げます。

 

つまり、年収850万円以下のサラリーマンは基礎控除が増えて給与所得控除が減るので税負担は変わりませんが、

年収850万円超のサラリーマンは給与所得控除の減額分が多くなるので増税となるということです。

この増税で所得税は900億円の増収を見込んでいるとのことです。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2017 年 12 月 12 日 火曜日 16:23 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved