カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『相続関連民法改正へ 相続で自宅を手放す妻がいなくなる?』~事前に備えて、遺言を残すことが当たり前の社会に~

こんにちは!

明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は相続についてです。相続関連の民法の改正が検討されています。

相続トラブルのない社会を実現したいものですね。

 

■相続関連民法改正へ ポイントは?

 

高齢化社会の本格到来を迎えて、相続関連法制も変わっていきます。

「相続でもめるなんて、ウチにはそれほど資産はないから関係ないよ」と考えている方は少なくありません。

しかし、相続税がかかる、かからないにかかわらず相続、すなわち財産の承継は起きます。そのときに特にもめやすいのが自宅の扱いです。

分けられないひとつの不動産に対して相続人が複数存在する、そんなときには残された配偶者が住み慣れた自宅を売却してその売却代金でもって遺産分割をせざるを得ないこともあります。

大事な配偶者と同時に自分の住まいも失ってしまうことを出来るだけ避けるような法整備がなされるようです。

 

<相続、配偶者に厚く 法制審答申>

(2018年2月17日付 日本経済新聞)

 

『法制審議会は16日、民法の相続分野を見直す改正要綱を上川陽子法相に答申した。残された配偶者の保護を手厚くするのが柱だ。配偶者が、自身が亡くなるまで今の住居に住める配偶者居住権を新設し、婚姻期間20年以上の夫婦の場合は遺産分割で配偶者を優遇する規定をつくる。政府は今国会に民法改正案など関連法案を提出する方針だ。』

 

相続に関する民法改正が検討されています。早ければ今国会で成立する見通しです。

この記事にある「改正要綱」を見ると、今回の改正のポイントとなりそうなものは以下の3点です。

 

1)配偶者の居住権の保護

2)自宅を遺産分割の対象から外す

3)法務局で遺言を管理

(平成30年1月16日 『民法(相続関係)等の改正に関する要綱(案)』資料26-1 より)

 

まだまだ未確定な部分は多くありますが、これは相続実務の現場にもかなり大きな影響を与える変更になると思います。

では順に確認していきましょう。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 02 月 20 日 火曜日 13:43 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved