カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『訪日外国人、急増中!2017年は前年比19%増の2,869万人』~観光庁統計からみる日本の観光立国へ向けた課題とは?~

■訪日外国人、間もなく3,000人突破か!?

 

私は仕事がら全国のビジネスホテルをよく利用します。特に東京が多いのですが、近ごろホテルの価格が上がっているとともに予約も取りにくくなりましたよね。

要因のひとつがこちらです。歓迎すべきことではありますが、課題もあります。

 

<訪日外国人目標は「20年に4,000万人」 >

(2018年4月2日付 日本経済新聞)

『日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人の数は16年比19%増の2,869万人だった。5年前に比べ3.4倍に増えた。ビザ要件の緩和や円安に伴い、アジアを中心に訪日旅行需要が拡大した。18年1~2月も前年同期比15%増と勢いは続いている。』

 

2017年に日本にやってきた外国人の数が2,869万人だったとのこと。2018年には3,000万人超えは間違いないでしょうね。

それにしても凄い勢いで増えていますね。日本が観光に力を入れ始めて、2013年に年間1,000万人を
突破しました。それからわずか4年で3,000万人に迫るくらいまで増えたわけです。年間500万人レベルから2013年に1,000万人を超えるまでおよそ10年かかったことを考えますと、この間の伸びは凄まじいの一言です。

 

そこで観光庁ホームページの統計をいろいろ見てみました。

統計によりますと、外国人旅行客が増えたと言っても世界的に見るとまだまだで、日本は世界16位です。

1位のフランスは8,260万人。アジアでトップのタイは3,258万人です。アジアトップのタイまであと
少しですね。

日本政府は訪日外国人の数を20年に4,000万人、30年に6,000万人まで伸ばすとしています。

多くの観光資源がありながら、「観光後進国」と言われてきた日本ですが、今後人口が減っていき、
多くの内需も見込めない中、観光が主要産業になっていくのは喜ばしいことですよね。私も頑張っていきたいものです(何の力もありませんが)。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 05 月 08 日 火曜日 14:28 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved