カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『マンションの修繕が計画通りに進まない理由とは?』 ~高齢化とともにマンションの維持・修繕管理が社会問題に?~

■マンションの修繕が計画通りに進まない?

 

今や日本全国に当たり前にある分譲マンションですが、日本でのその歴史はまだ50年ほどしかありません。かなり老朽化してきているマンションも増えている中、様々な問題が出てきているようです。

 

<マンション修繕 目立つ誤算  積立金増額、早めに対策を>

(2018年5月19日付 日本経済新聞)

『マンションで暮らす人が避けて通れないのが修繕工事だ。屋上や外壁などを直す工事は
十数年ごとに必要となり大きな出費となる。ここ数年は工事費の相場高騰などから、住民が月々払う修繕積立金だけでは費用を賄えないケースが増えてきた。修繕の計画や積立金の状況を把握し、早めに対策を考える必要がある。』

 

日本の分譲マンションのストックは633.5万戸(平成28年末時点)です。その内築30年を超えるもの(昭和62年以前に建築)は172.7万戸。およそ3割近くも存在します。

マンションは構造躯体の耐用年数が長く、適切なタイミングで丁寧に修繕を重ねていけば50年を超えても住居として十分機能すると言われています。しかし、その計画的な修繕がなかなか行われていないという記事です。これはマンションで暮らすすべての人たちが注意すべき点と言ってもいいですね。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 05 月 22 日 火曜日 15:21 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved