カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『「雇用が増えても非正規でしょ」という批判を考える』~労働力調査からみる雇用の現状とは?~

■完全失業率は低下、消費者の不安は和いでいる

 

「GDPが伸び悩んでいる」とか、「消費が増えない」、「物価がなかなか上昇しない」といったことなどから、「政府の景気対策は失敗している」と批判されている報道などをよく目にします。

しかし、この「失業の不安が和らいだ」というのは大きな成果ではないかなと思います。

 

<失業不安 21年ぶり低さ 6月54%、消費者心理を下支え>

(2018年7月29日付 日本経済新聞)

『失業への不安が和らいでいる。日本リサーチ総合研究所によると、今後1年間に自分や家族が失業する不安があると答えた人は6月時点で54.2%と、4月の前回調査から4.7ポイント低下した。1997年8月調査以来、約21年ぶりの低さだ。賃金の伸びは緩やかでも、失業不安の後退が消費者心理を下支えしている。』

 

失業の不安が和らいでいるのは今の日本経済が人手不足だからですが、その背景には景気回復だけではなくて、生産年齢人口の減少なども確かにあります。

ただ、景気対策の目的のひとつは「失業をなくすこと」であることを考えると、失業不安が低くなっていることはひとつの成果と言えると思います。

 

完全失業率はこの5年で4.0%(2012年)から2.8%(2017年)まで低下しました。3%が完全雇用状態の目安と言われていますから、現在は「求めればなんらかの仕事には就くことができる」状況だといえます。

 

これは国民にとっては安心な状況ですよね。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 07 月 31 日 火曜日 14:05 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved