カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『赤字決算の吉野家にみるサービス業の行く末とは?』~人件費を抑える経営は限界に、今後の改善の方向性は?~

■吉野家、赤字決算。その理由は?

 

デフレ経済の強い味方、我らが吉野家の上期決算が赤字になったようです。

吉野家に何が起きているのでしょう?

 

<吉野家HDの3~8月期、最終損益8億5000万円の赤字 人件費上昇など響く>

(2018年10月5日付 日本経済新聞)

『吉野家ホールディングスが5日発表した2018年3~8月期連結決算は、最終損益が8億5000万円の赤字(前年同期は12億円の黒字)だった。売り上げが計画に届かなかったことや人件費上昇が響いた。退店による特別損失も業績を押し下げた。』

 

計画にこそ達しなかったようですが、売上高自体は前年同期比3%増の1,003億円。
売上高から原価を引いた売上総利益も前期比1%増の644億円でした。
しかし、販管費が前期比4.5%増の643億円と計画以上に膨らんでしまったようです。

そして、不採算店舗の閉鎖などに伴う特別損失を計上したことで最終8.5億の赤字となりました。

 

河村泰貴社長は「採用や教育、既存従業員の残業代など人件費が膨らんだ。増収分が食材や人件費などのコスト上昇を補うに至らなかった」と話したそうです。

 

下期も食材コストや人件費の上昇を見込んでいて、通期の2019年2月期決算も11億円の赤字の見通しとのことです。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 10 月 16 日 火曜日 15:14 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved