カワセくんの経済教室コラム

住宅・不動産営業の現場では、お客様へのちょっとした一言が営業マンへの信頼を
絶大なものにし、成約率の飛躍的なアップにつながります。
お客様との会話の切り口にぜひお役立てください!

『10%への消費増税、2019年10月に実施決定』~さて、駆け込み需要とその後の反動減はあるか?~

■10%への消費増税、2019年10月に延期せず実施

 

来年2019年10月に予定されている消費税の8%から10%への増税ですが、
どうやら今回は延期せずに予定通りに増税するようですね。安倍首相が明らかにしました。

 

<消費増税、首相15日対策指示  予定通り19年10月実施>

(2018年10月15日付 日本経済新聞)

『安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、2019年10月の消費税率10%への引き上げを予定通り実施するため万全の対策を講じるよう指示する。18年度補正予算案や19年度当初予算案に増税対策費を計上する。税制面でも車や住宅などの保有・購入者の負担軽減策を検討する。駆け込み需要と反動減を抑え、経済への影響をできる限り和らげる。』

 

皆さんご存知の通り、消費税の10%への増税は過去2回延期されました。

本来、2014年4月に5%から8%に増税した後、1年半後の2015年10月に10%にする予定でした。
しかし、8%増税の後の景気の落ち込みがひどく、とても消費増税するタイミングではないと判断されて、10%への増税は2017年4月まで1年半延期されました。これが1回目の延期。

ただ、2017年が近づいてきても景気はまだまだ弱いということで、今度は2019年10月までさらに2年半延期になりました。

 

さて、「2度あることは3度ある?」とも揶揄されて、「今回はどうなる?」と注目されていたわけですが、増税まであと1年となったこのタイミングで「今回は上げます!」と力強く発表されました。

 

政府がここまで増税に慎重になるのは、「増税すると景気が冷え込むから」ですね。

前回、2014年4月の8%への増税の時には、増税前には駆け込み需要、そして増税後には反動で大きく消費が落ち込み、その後、長きにわたって回復しませんでした。そのトラウマがあるから消費増税に対しては非常に慎重になっているのです。

 

増税まで1年前のこのタイミングで「予定通り増税実施」を発表したのは、増税タイミングをはさんで
消費に大きな波が出ないような対策を検討するためでしょう。今後、様々な施策が税制改正や予算編成に反映されていくと思います。

 

続きは会員のみ閲覧できます

2018 年 10 月 30 日 火曜日 14:29 投稿者:川瀬 太志

Copyright © 2018 HyAS&Co. Inc All Right Reserved